お湯と水で簡単スキンケア

朝起きると、寝汗で顔や体がべたべたしてしまう梅雨や夏の時期は、寝起きのお肌が気持ち悪くて、目覚めまで悪くなってしまいますよね。

そんな梅雨や夏時期の朝の洗顔って、スッキリさっぱり洗いあがることがとても重要です。

朝の洗顔で、お肌のベトベトをいかに落とせるかが大事なんですよね。

だからといって、泡でゴシゴシしてしまうと、必要な皮脂や角質まで落としてしまうもので、洗い上がりがつっぱって、逆にお肌に負担をかけてしまうというパターンもあるんですよ。

べたべたした感触を拭おうとお肌をゴシゴシ洗うよりも、もっと簡単でシンプル、時間をかけずに洗い上がりがサッパリするスキンケア方法があります。

それは、「お湯と水で交互に顔を洗う」という方法です。

やり方はとっても簡単、洗面器2つにそれぞれお湯と水を用意して、交互に顔を流すだけです。

とってもシンプルで、時間もかけずにできる洗顔方法ですよね。

水とお湯で交互に顔を流す、たったそれだけの方法でお肌の汗のベタつきは、綺麗サッパリ洗えるものですよ。

泡でゴシゴシする手間は必要ありません。

お湯と水の交互洗いで洗顔の手間をシンプルにして、洗い上がりサッパリして支度にとりかかりましょうね。

このページの先頭へ