乳液に一手間で保湿力アップ

皆さんはスキンケアの一環で、乳液を使っていますか?

アラサーになった私が実感しているのは、お肌のカサカサです。

年齢を重ねるにつれて、お肌の油分が不足してきているのでしょうね。

潤いがなくカサカサの乾燥肌になってきました。

10代や20代前半は有り余る油分でニキビやテカりに悩まされていたのに、今では油分が恋しいくらいですよ。

お肌の油分不足、乾燥肌やカサカサには、乳液でたっぷりと保湿・潤いを与えてあげる必要があります。

乳液は、お肌の潤いを保つのに欠かせないスキンケアです。

どんなに忙しくても、寝る前に洗顔をして乳液をすれば、朝は乳液効果で多少なりとも潤っているはずですよ。

けれども、乳液も手のひらで伸ばしてお顔にしっかりと浸透するように塗りこむ・・・という方法に、さらに一手間加えることで、さらにお肌の保湿力をアップさせることができますよ。

洗顔をした後は、化粧水を塗ってから乳液を塗るというのが基本ですが、化粧水を塗って乳液を塗った後、さらにもう一回化粧水を塗ってみてください。

乳液がしっかりと染み込んでいくので、効果倍増なのです。

時間をかけずに簡単一手間でできる化粧水・乳液・化粧水というスキンケアなので、お忙しい方もぜひ試してみてくださいね。

このページの先頭へ