日焼け止めは年中使いましょう

私は10代から20代前半にかけて、特に日焼け止めを重宝していた記憶がありません。

若気の至り、無知で無鉄砲とでもいいましょうか、日焼け・紫外線によるお肌のダメージなんて全く頭にありませんでした。

それどころか「綺麗に焼けた健康的な小麦色の肌が良い」とまで思っていました。

確かに小麦色の健康そうなお肌は、行動的な子なんだろうなとか、健康そうだなとか思いますよね。

けれども、実際には日焼けでお肌は大ダメージをくらってるんですよね。

20代半ばになって、ようやくスキンケアの大事さを認識し始め、今までしてきたお肌への仕打ちを反省しました。

若い頃の無茶は歳をとってから響いてくると言いますが、シミやシワがいつ出てくるかとスキンケアをしながらヒヤヒヤしています。

スキンケアの基本として、日焼け止めは決して忘れてはならないケアの一つですね。

これ以上、お肌にダメージを与えない、負担をかけないという事もスキンケアの大事な心得です。

紫外線のダメージは、後々のケアが難しいので厄介です。

季節や天候にかかわらず、外出する際には必ず日焼け止めを塗って、お肌を紫外線から守ってあげましょう。

このページの先頭へ