メイク落としの基本

女性にとってメイクは必須アイテムですが、その後のメイク落としはとっても大事なスキンケアとして欠かせません。

私も30代目前にして歳相応のメイクを研究していますが、20代前半の時のようなお肌のハリや若々しさは、失われつつあります。

そうなると、自然とファンデーションが濃くなってしまうんですよね。

お肌の劣化を隠そう隠そうとして、ついつい厚く塗ってしまうんですよ。

そうすると、後々のメイク落としも、厚く塗ったファンデーションを落とそうとしてゴシゴシやっちゃうんです。

お肌の劣化を隠そうとしてファンデを厚く塗って、ファンデを落とすためにメイク落としでゴシゴシこすって、お肌を傷つけてさらにお肌を劣化させる・・・という悪のループになっちゃってたんです。

これではいけないと思い、まずはメイク落としの基本を見直すことにしました。

まずメイク落としの際は、ぬるま湯。

そして、メイク落としはしっかり泡立てる or しっかりお肌になじませる。

メイク落としは、こすらずやさしくなでるように塗る。

洗い落とす時にはぬるま湯で優しく、メイク落としが残らないように念入りに落とす。

この4つの基本を心がけながら、スキンケアするようにしました。

まだ大きな効果は出ていませんが、洗い上がりにつっぱることなく、お肌の調子はよくなったように思います。

皆さんも何気なくメイク落としをしてしまっていませんか?

今一度、メイク落としの基本をおさらいしてみませんか?

このページの先頭へ