泡立て方と泡の使い方

洗顔はスキンケアの中でも基本中の基本。

乳液や化粧水といったスキンケア商品を使う前に、必ず洗顔で汚れや皮脂を落としておかなければスキンケア商品の効果は半減、もしくはそれ以下になってしまいますよ。

私がスキンケアの基本である洗顔をするにあたって、大事にしていることがあります。

それは、泡の立て方と泡の使い方です。

洗顔をする際には、手のひらで洗顔料を泡立ててから泡を顔につけますよね。

オイルタイプなどの例外を除けば、だいたいの洗顔料は手のひらで泡立てるタイプなのではないかと思います。

その泡立てる洗顔料を、いかに手のひらでしっかり泡立てられるか、ということを第一のポイントにしています。

適当に泡立てるのでなく、しっかりこまかな泡になるよう、ふわふわの泡になるように、丁寧に泡立てるのです。

そうすることで毛穴の中もしっかり洗ってくれる泡になるので、洗顔の効率がアップします。

そして、しっかりふわふわに泡立てた洗顔料は、泡を丁寧に優しくお肌につけて強くゴシゴシとこすらない、優しくなでるように洗ってあげます。

特に鼻やおでこなどの乾燥しやすい箇所は、泡を潰さないように優しくなぞるように塗るだけにしています。

しっかり泡立っていれば、たったそれだけで汚れが落ちるんですよ。

泡立てと泡の使い方はスキンケアの基本だと思いながら、洗顔してくださいね。

このページの先頭へ