意外と知られていない洗顔の基本

毎日、何気なくしている洗顔ですが、洗顔のやりすぎは逆にお肌にダメージを与えてしまい、肌荒れの原因になるということを、ご存知ですか?

スキンケア=お肌を綺麗にする

というのは確かにその通りです。

けれども中には「とにかく何度も洗ってゴシゴシしなければ」と勘違いしてしまっている方もいるようです。

洗顔をすると、お肌についていた汚れや皮脂だけでなく、古くなった角質もはがれおちていきます。

古くなった角質が洗い流されることで、新しい角質が活躍するわけですが、何度も何度も顔を洗っていると、新しい角質まではがれ落ちてしまい、お肌のバリア機能が作用しなくなってしまうんです。

そうなるとお肌はダメージを直に受け放題、キズつき放題となってしまうんですよ。

意外と知られていない洗顔の基本として、洗顔はし過ぎないということを覚えておきましょう。

大抵の汚れや皮脂はぬるま湯で落ちてしまうのですから、そんなに汚れがひどくないと思ったなら、ぬるま湯でサッと流すだけでも十分でしょう。

さすがに一日働いて帰ってくれば汚れも皮脂も溜まっているでしょうから、洗顔が要るかもしれませんが、それにしても洗顔は一日一回程度でいいようですよ。

洗顔はし過ぎない、最低限度ということを知っておいてくださいね。

このページの先頭へ